「あめ ぽったん」と風船

7月に入りましたが、梅雨明けはまだのようですね。
この時期、「コッコさんのあめふり」(作・絵 片山健 福音館書店)や「あめ、ぽったん」(作・絵 さくかわひろこ アリス館)をよく読みますが、それに合わせて「風船遊び」をしています。350_Ehon_1964

350_0128-4
大きなビニール袋に風船をたくさん入れ、「雲」に見立てます。そして、その『雲』から「雨つぶ(風船)」が落ちてきます。
雨つぶが「ぽったん」とみんなのどこに落ちるかな。(風船が落ちてきて、どこに当たるかな)
風船1~写真は「浮穴公民館」でのおはなし会の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です