エプロンシアター「魔女の五」

ハロウィン🎃エプロンシアター「魔女の五」

魔女の名前は「五」
数を「1,2,3,4,5」と数える「五」です。

 

魔女はこの名前が大嫌い!
そこで「これから「ご」と言ったものはビスケットになるがいい~!」と魔法をかけます。

そしてビスケットを5枚作り、それを数えさせてビスケットに変えようとするのです。

 

さて、あなたはどうやってこのビスケットを数えますか?

数の数え方には、いろいろありますよね。

このお話はジャマイカの昔話「アナンシと五」が元になっています。
アナンシとは体が蜘蛛で顔が人間という怪物です。

ジャマイカでは様々な昔話に出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です