怪談絵本で納涼はいかが?

酷暑の中、冷や~とする為に「怪談絵本」は欠かせない。

「いるのいないの」(作:京極夏彦 絵:町田尚子 岩崎書店)

どれだけの大人を怖がらせてきたか。特に最後の場面では悲鳴が響く。

「あずきとぎ」(作:京極夏彦 絵:町田尚子 岩崎書店)

えっ?!これで終わりなの?!どうなったん?!とじわじわと怖さがやってくる。

その2冊の絵を描かれた町田さんの絵に惹かれて買った

「ざしきわらし」(原作:柳田国男 文:京極夏彦 汐文社)

妖しく美しい町田さんの絵。思わず何度も絵を読み返してしまう。

遠野物語の座敷わらしとはどんな「童」なのかよく解る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です