就活に役立つ絵本の活用

毎年「頭を柔らかくする為」に絵本を読みに行っている、松山大学経済学部のゼミ。

今年は新しい試み、3回生に「就活の為」の絵本を使ったワークショップ。

【グループワークショップ】

①自己紹介 「キリンですけど」(自己肯定絵本)

 名前&自分の「すごーい!」ところを紹介。

②コミュニケーションゲーム。心を一つにして。「さぐってみ手」

 「新聞紙ゲーム」

③「これはのみのぴこ」「これはすいへいせん」(積立お話絵本)

  2グループに分かれて、読み対決。

 男の子が多いグループではサッと「誰がどの場面を読むか」決めて、さっさと読む練習が始まる。練習も個々で。

女の子の多いグループは「誰がどこを読むか」みっちり話し合いながら、また楽しみながら決めている。練習は全員で、順番に読むということもしている。

2グループでそれぞれやり方に差があるのが面白い。

④「自分ってなに?」絵本「ぼくのニセモノつくるには」(ヨシタケシンスケ)

  自分を客観的に見てみよう。

⑤締め絵本「ラッキーガーコ」(超ポジティブ絵本)

 ついてない事も考え方を変えれば、「ラッキー!」になる。

 終わってからも紹介した絵本を見てくれていて、嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です