大洲市内小学校での人権集会

1月26日㈰ 大洲市内の小学校、人権集会「親子講習会」の講師をさせて頂きました。

演題は「普通ってなに?当たり前って?」

講演会で使った絵本

「どっちかな?」=「状況によって結果は変わる」

「へんなの」=「生き物によって、当たり前が変わる」

「にょっ!」=「見えないものを想像する」

「ひとりでぼっち」=「それぞれ違う性格を肯定」

「ぼくのニセモノをつくるには」=「自分らしさってなに?」

「ぱんだ銭湯」=「概念を覆す、頭を柔らかく」

絵本って、考え方を決め付けないし、押し付けもしません。

感じ方がそれぞれ違うのが当たり前で、それが面白いです。

また、ぐりおが抱えきれないくらいの花束をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です