おはなしCAFEのおもちゃについて

浮穴公民館主催「おひざに抱っこのおはなし会」は「おはなしCAFE」の木のおもちゃも沢山持っていきます。
お母さん方から「このおもちゃってどうやって遊ぶんですか?」とよく聞かれます。

確かにウチのおもちゃって抽象的というか、「どうやって?」という感じですよね。
だからいつも「どうやって遊んでもいいんですよ」と答えます。ちょっと遊び方の例は示しますが…。

大人は具体的に遊び方が解らないと戸惑いますが、子どもはそんなこと全然感じていません。
自ら興味あるおもちゃを見つけて、どうやってでも遊んでいます。
遊び方が決まってないからこそ、すごく発展性があるんです。
「ほ~っ!そうやって遊ぶのか。」といつも感心します。

浮穴公民館でも絵本とおもちゃを介して、お母さんとお子さん、とてもいい顔してる!
それを見るのが嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です