【おすすめ絵本】雪⛄の科学えほん

「おかしなゆき ふしぎなこおり」(写真・文 片平孝)

松山では決して見ることの出来ない光景が広がります。

写真を見るだけでも雪のダイナミックな変化を楽しむことが出来るし、

あとがきを読むと、雪がどうやってできるのか、水の変化っというものがよく解ります。

高学年になると「科学えほん」って好きですよね。

どうせ寒いんだったら、高い空から雪、降ってくれないかなぁっと

空を見上げる私です。。。

(雪国の方たちには申し訳ないですが・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。